パジェロミニ

1994

パジェロミニ

『パジェロ』で培ったRV機能と、軽自動車の手軽さ、経済性を融合させた新発想のミニRVとして、『パジェロミニ』が1994年(平成6年)12月に発売されました。軽自動車でありながら、そのつくり込みは本格的でした。大型断面フレームをビルトインしたモノコック構造の高剛性ボディが採用され、40km/h前面衝突時の乗員障害値規制をクリア。エンジンは、画期的な1気筒5バルブを採用した4気筒DOHC 20バルブインタークーラーターボなどが設定されていました。4WD車には路面状況に応じて、走行中の2WD / 4WD切換え、4WDモードにおけるHi / Lo 2種ギアの切り換えを可能とした新開発イージーセレクト4WDを採用。フロントにはマクファーソンストラット式、リヤには5リンク式コイルスプリングのサスペンションを採用し、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立していました。コックピットには電子方位計、高度計、外気温計、時計を組み合わせたマルチメーターなどのRV機能が盛り込まれ、万一の衝突時にベルトをロックする3点式ELR付シートベルトを標準装備。SRSエアバッグシステムもオプションで用意されていました。

全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,630mm
エンジン 659cc / 659ccターボ