FTO

1994

FTO

1994年(平成6年)10月に発売されたスポーツクーペ『FTO』。さかのぼること1971年に、『ギャランGTO』の弟分的な存在で販売された『ギャラン FTO』という先輩モデルがあり、この『FTO』も、1990年に登場した『GTO』の弟分として、気楽にスポーツカーを楽しんでほしい、という思いが込められたモデルとして登場。当時の三菱自動車には珍しい曲線を多用したデザインと、ロングデッキ、ワイドトレッド、ショートホイールベースのプロポーションは、一目でスポーツカーと実感できる軽快なクーペでした。高い運動性能を実現するため、フロントとリヤのオーバーハングを必要最小限に切り詰め、ロー&ワイドでロードハガー感を高めるため全高を抑えています。上級グレードにはV6 2.0L MIVECエンジンが搭載され、当時、このクラスのスポーツカーでは最速マシンと呼ばれていました。トランスミッションには、三菱自動車独自のファジィシフトをさらに進化させ、より的確にシフト制御を実現するINVECS-Ⅱスポーツモードを搭載。ドライバーの運転のクセを学習して最適なシフト制御を行う機能と、マニュアル感覚でシフトチェンジが楽しめる日本初のスポーツモードを採用。運転する喜びが大きいクルマでした。この『FTO』は「1994~1995日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

全長 4,320mm
全幅 1,735mm
全高 1,300mm
エンジン 1.8L / 2.0L