ニューミニカトッポ

1993

ニューミニカトッポ

1993年(平成5年)9月、8代目『ニューミニカ』とともに発売された『ニューミニカトッポ』。「スーパースペースランナバウト」をスタイリングテーマとして、ユニークなスタイリングとクラストップのビッグキャビンを持ち、これにより高い実用性と遊び心を表現するとともに小型車に迫る存在感を感じさせるデザインとしました。運転席側1ドア、助手席側2ドアの1:2ドアや、標準ルーフより70mm高くしたスーパーハイルーフも設定。広い室内空間と収納力に優れた様々なアイデアを備えた荷室スペースを実現。またホイールベースを20mm伸ばしたことで、居住性の向上も図っています。ボディは40km/h前面衝突時の乗員傷害値規制をクリアしたほか、パワーウインドウに国産車初のセーフティ機構を採用。さらに全車にフロントディスクブレーキを標準装備。安全性にも十分配慮していました。エンジンは新たに4気筒エンジンが開発され、上級グレードのトランスミッションには、軽自動車初のINVECSファジィシフト4速ATを採用。また『ミニカトッポ』をベースにしたRV風の「カラボス」、ママとベビーに愛情いっぱいの「マーブル」、ボンネットフードから大きくはみ出した丸型ヘッドライトを持つ「タウンビー」など、軽自動車を面白くする多彩なキャラクターを次々と登場させ、他人とは違うクルマに乗ってみたいというニーズを大いに満たしました。

全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,695mm
エンジン 657cc / 659cc / 659ccターボ