ミラージュ

1991

ミラージュ

1991年(平成3年)10月、柔らかな3次元曲面を採用した新感覚のスタイリングにフルモデルチェンジした4代目『ミラージュ』。“新時代のベーシックカー”とすることを開発の目標として、エンジン、サスペンション、ボディなどの主要コンポーネントを一新。“走りの良い小粋なタウンスポーティ”を狙った3ドアタイプ、“スタイリッシュな6ライトのエレガントサルーン”をめざした4ドアタイプ、それぞれに個性的なエクステリアを実現しました。高密度のパッケージングにより居住性を大幅に向上させるとともに、量産で世界最小のV6 1.6Lや、超低燃費の1.5L MVV、1.5L DOHC、1.6L DOHC、1.8L ディーゼルターボなど多種のエンジンが設定されました。サスペンションはリヤに新開発マルチリンクを採用。アクティブセーフティとして、アクセルを踏み過ぎてもクルマがコーナーからはみ出すことを防止するTCL(トラクションコントロールシステム)を装備、またABSを全車にオプションとして採用しました。1993年5月には、スポーティな新しい2ドアクーペ『ミラージュ アスティ』を発売。エアコン、パワーステアリング、パワーウインドウ、センタードアロック、キーレスエントリーなど充実した装備を採用しながらお求め易い価格としたことが特長。エンジンは1.3Lと1.5L DOHCを搭載しました。

3ドア
全長 3,950mm
全幅 1,690mm
全高 1,365mm
エンジン 1.3L / 1.5L / 1.6L
4ドアセダン
全長 4,290mm
全幅 1,680mm
全高 1,365mm
エンジン 1.3L / 1.5L / 1.6L / 1.8Lディーゼルターボ