スタリオン

1982

スタリオン

1982年(昭和57年)5月に発売された『スタリオン』は、『ギャランGTO』、『ギャランFTO』、『ランサーセレステ』に続く三菱自動車のスポーティカーの第4弾です。外観はスラントノーズとショート&ダックテールによるウェッジシェイププロポーションとしました。また、ボディと一体感のある大型バンパー、幅広センターピラー、大型フルドアによるクリーンな面構成など、スペシャリティ感を強調。エンジンは、2.0Lシリウスターボを搭載。また、4輪ベンチシーテッドディスクブレーキ、ストラット式独立懸架リヤサスペンション、ハイキャスター&小トレールとゼロキャンバーのフロントサスペンションなど、高速走行に備えての安全性と乗り心地の向上にきめ細かな配慮が払われました。1983年6月には175PSの空冷式インタークーラー付ターボ車、1984年6月には200PSのシリウスダッシュエンジン搭載車、1987年2月には米国仕様のブリスターフェンダーのワイドボディ車、1988年4月には2.6L車を国内でも発売しました。モータースポーツにおいては、耐久レース、ラリーで好成績を収め、さらに4WD車の試作・走行も行われました。

全長 4,400mm
全幅 1,685mm
全高 1,320mm
エンジン 2.0L / 2.0Lターボ