ギャラン

1987

ギャラン

1987年(昭和62年)に発売された6代目『ギャラン』は、自分の価値観を持っているこだわりのある人、本物志向の人に応える小型車として開発されました。キャッチコピーは「インディビデュアル4ドア」。逆スラントノーズ、全高が高く、ボディ側面がS字上にうねった筋肉質なオーガニックフォルムは、それまでのロー&ワイドプロポーションのデザイン潮流の中で大変際立ちました。
4WD車に搭載された「アクティブフォー」は4バルブDOHCエンジン、VCU付センターデフ方式フルタイム4WD、4輪独立懸架、4WS(4輪操舵システム)、4ABS等、最新の技術を組み合わせて採用。また、2WD車には車体を路面に対してほぼ水平に保つアクティブECS(アクティブ電子制御サスペンション)を搭載。三菱自動車として初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。インタークーラーターボエンジンを搭載した高性能4WDターボ「VR-4」のグループAラリーカーは1989年WRC1000湖ラリーで、サファリラリー以来のWRC総合優勝(『ランサー』)を果たしました。1989年には西ドイツAMG社と共同開発した『ギャランAMG仕様車』(量産車世界初のチタン合金バルブスプリングリテーナ採用)を追加しました。6代目『ギャラン』は歴代の中でも最も『ギャラン』らしい1台です。

全長 4,560mm
全幅 1,695mm
全高 1,440mm
エンジン 1.6L / 1.8L / 2.0L / 2.0Lターボ