デリカ スターワゴン

1979

デリカ スターワゴン

小型キャブオーバー商用車の『デリカ』シリーズを11年ぶりにフルモデルチェンジし、バン、トラックに加え、9人乗り乗用車『デリカ スターワゴン』を1979年(昭和54年)6月に発売しました。『デリカ スターワゴン』は昭和53年排出ガス規制適合MCA-JETサターン80(サイレントシャフト付)を搭載。その後、1980年6月にはバンとワゴンにハイルーフ、1981年10月にはワゴンにATを追加。1982年10月には4WD、ロングボディ、ディーゼルエンジン搭載車が追加されるなど、バリエーション豊かな車種が展開され、販売台数、シェアを順調に伸ばして行きました。『デリカ スターワゴン』は、小型車全幅枠いっぱいのワイドボディによる広い居住性、2列-3列フルフラットシート、直線基調のシンプルなボクシーデザイン、快適な乗り心地と操縦安定性、頑丈さを備えていたことで人気が上昇。1982年10月にラインナップされた4WD車は、ワンボックスワゴンとして日本初の4WD車で、本格的4輪駆動システムを搭載していました。前部保護の目的で装着したグリルガードがデザイン的にもマッチし、高い車高とともに市場に強烈なインパクトを与え、『デリカ』=4WDのイメージを築き上げました。

全長 3,990mm
全幅 1,690mm
全高 1,800mm
エンジン 1.6L