シルバーピジョン

1946

シルバーピジョン

終戦直後、かつて最大事業所の所在地であった名古屋地区では、工場や出張所と手を組み、再建の途を模索していました。そこへ、ゼネラルモーターズの技師であった丸山康次郎氏が、アメリカからスクーターを持ち帰っているという情報を得ると、さっそく丸山氏もスタッフとして迎え入れ、このスクーターを参考に日本製スクーターの設計を開始。1946年(昭和21年)8月に試作車の第1号が完成しました。搭載されたエンジンは、空冷4サイクル、サイドバルブ式の112cc・1.5PSで、エンジン始動はフライホイールマグネットによる押しかけ式でした。このため、ハンドルグリップにエンジンコンプレッションを抜くフリーレバーが付いていました。このスクーターは「C-10型」の生産型式番号と、『シルバーピジョン』の名がつけられ、エンジンとともに量産の許可を受けて1947年初頭より販売を開始。その翌年には細部を改良した『シルバーピジョンC-11』となり、皇室にも献上されました。当時としては貴重な輸出実績もあげ、約18年間にわたって約46万台の実績を残したスクーターの生産は、会社の業績へも大きく貢献しました。

全長 1,550mm
全幅 560mm
全高 1,010mm
エンジン 112cc