三菱A型

1917

三菱A型

『三菱A型』は日本で初めての量産乗用車として、ヨーロッパ車を参考に、1917年(大正6年)から三菱造船(株)神戸造船所で試作され、1921年まで計22台が製作されました。
製作はまず参考車を分解、スケッチするところから始まりました。エンジンは鋳鉄製、車体枠はハンマ打ち作り、車室は馬車製造等の経験者の手を借り、大形の木材をくりぬいて製作。ヘッドランプはガス燈、ホーンはラッパ、ボディは木のフレームに鉄板を貼り、うるし塗りが施され、室内には高級な英国製の毛織物が使用されました。
1919年福岡博覧会では、同じ神戸造船所製の「航空機用発動機」などとともに出品されました。
『三菱A型』の販売は、三菱で最初の自動車販売会社である「大手商会」(三菱造船と三菱商事の共同出資)によって行われました。