JPEN
menumenu-close
スペシャルコンテンツ
Google plus
JPEN

出品概要

第44回東京モーターショー2015 出品概要

三菱自動車は、2015年10月28日(水)から[一般公開は30日(金)から]11月8日(日)まで、東京ビッグサイト(東京都、有明・お台場地区)で開催される第44回東京モーターショー2015において、「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」をテーマに、次世代EVシステムを採用したコンパクトSUVのコンセプトカー『MITSUBISHI eX*1Concept』を世界初披露します。

『MITSUBISHI eX Concept』は、今後ますます成長が予想されるSUV市場に向けて三菱自動車が提案する電気自動車のコンパクトSUVです。三菱自動車ならではの電動化技術と四輪制御技術をはじめ、コネクティッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術などを採用しています。
デザインでは、コンパクトSUVにシューティングブレーク*2のもつ上質さとクーペスタイルを融合させ、キビキビと街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルを提案しています。また、フロントはデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をベースに新しいデザインを提案。エクステリア、インテリアのすべてでこれからの三菱自動車のデザインの方向性を示しています。

プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』の展示エリアでは、PHEVシステム及びツインモーター4WDの技術特長を紹介するシャシーモデルや、駆動用バッテリーから住宅などへ電気を供給するV2X*3をイメージした街のジオラマの展示を行い、電動車両の特長をわかりやすくアピールします。
さらに、『アウトランダーPHEV』のクロスカントリーラリー*4参戦車や、三菱自動車の電気自動車研究開発50年(1966年10月より)の取り組みを紹介するパネル、50周年を記念したラッピングを施した『アイ・ミーブ』を展示。一般公開日では、クリーンディーゼル車や軽自動車など、環境に優しい車両も出品します。新たな価値観を備えた電動車両と最新技術を搭載した市販車により、三菱自動車ブース全体で魅力的なカーライフを提案します。

また、東京モーターショーと同会場で開催される主催者テーマ事業のスマートモビリティシティ(SMC)では、『アウトランダーPHEV』とV2H*5機器を用いて“電動車両のある1日”をテーマに、家庭でのエネルギーの流れを再現。電動車両の「停まっている時の価値」について解説します。
さらに、SMCで開催する「自動運転デモンストレーション(高度運転支援システム)」に三菱電機株式会社と共同研究中の自動運転体験試乗車(『アウトランダーPHEV』)を出品します。渋滞中でも先行車を検知して追従する低速追従走行機能や、超音波センサーにより駐車スペースや障害物を検出し、自動で縦列駐車を行うリモート自動駐車機能を体験できるプログラムを展開します。

*1eX・・・electric X(cross)-overの略。
*2シューティングブレーク・・・現在はクーペの流麗なスタイリングを融合させたワゴンやハッチバックの呼称で、起源は英国の狩猟用馬車。
*3V2X・・・Vehicle to X (Xは家、ビル、地域などを示します)
*4バハ・ポルタレグレ500・・・10月22日(木)~24日(土)、ポルトガルで開催されるラリー。
*5V2H・・・Vehicle to Home の略