1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 京都在来種フタバアオイの上賀茂神社への奉納

環境トピックス/環境トピックス一覧/
京都在来種フタバアオイの上賀茂神社への奉納

生物多様性保全

京都工場で育てたフタバアオイを上賀茂神社に奉納しました。

当社京都工場は2017年6月1日に京都工場内で育てたフタバアオイ5株を上賀茂神社(京都市北区)に奉納しました。

京都工場での在来種保全活動

京都三大祭の一つ、葵祭で飾りとして使われるフタバアオイは、地球温暖化に伴う環境の変化や、シカ・モグラの食害などによりその数が減少しています。
京都工場では、京都文化に根ざした在来種を保全するため、フタバアオイの保護に取り組むNPO法人「葵プロジェクト」に協力し、上賀茂神社から株分けしたフタバアオイをはじめ、ヒオウギ・フジバカマといった京都在来種を工場内の「憩いの広場」に植栽して、大切に育ててきました。

京都工場のフタバアオイ

京都工場のフタバアオイ

フタバアオイの上賀茂神社境内「葵の森」への里帰り

中でもフタバアオイは順調に成育し、株も増えてきたことから、上賀茂神社への里帰りとなる奉納を行いました。
奉納式で上賀茂神社の神職によるお祓いを受けた後、フタバアオイを上賀茂神社境内の「葵の森」に植え戻しました。
今回植え戻したフタバアオイは、来年以降の葵祭で使われるとのことです。
当社はこうした地域文化に根ざした在来種の保護をはじめ、生物多様性保全活動に積極的に取り組んでまいります。

神職によるお払いを受けました

神職によるお払いを受けました

本殿にフタバアオイをお供えしました

本殿にフタバアオイをお供えしました

葵の森に植栽しました

葵の森に植栽しました

当社の環境取り組みについてご紹介している
『環境報告書』をPDFにてダウンロードできます。