1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 生物多様性保全の取り組み

社会との協働/生物多様性保全の取り組み

すべての生きものは様々な関係で複雑につながり合い、バランスを取りながら生きています。私たち人類は、この生物多様性から日々、恩恵を受けて生活しています。
自動車メーカーである当社は、工場建設を初めとする土地利用や、事業所からの化学物質の排出、製品の使用や事業活動によって排出される温室効果ガスなどにより、直接または間接的に生物多様性へ影響を与えています。このため、生物多様性による恩恵を次の世代でも持続的に受けられるよう守っていくことが、重要な課題と考えています。2010年8月には「三菱自動車グループ生物多様性保全基本方針」を策定し、保全活動を推進しています。
当社の国内事業所で自然環境保全法や都道府県条例に基づく保護地域の内部や隣接地域にあるものはありませんが、事業活動が生物多様性に与える影響を把握するため、順次、生態系調査を行っています。その結果、滋賀工場は様々な希少種が生息している生物多様性の高い工場であることがわかりました。

三菱自動車グループ生物多様性保全基本方針

人類の活動が生物多様性の恩恵を受けているとともに、生物多様性に影響を及ぼしているとの認識を持ち、三菱自動車グループ企業全体で、地球温暖化防止、環境汚染防止、リサイクル・省資源の取り組みに加え、生物多様性に配慮した活動に取り組み、生物多様性への影響の把握と低減に継続的に努めます。

1. 事業活動での配慮

省エネルギー、廃棄物の発生抑制、化学物質排出抑制などを推進するとともに、工場建設などの土地利用においては周辺地域に配慮し生物多様性への影響の把握と低減に努めます。

2. 製品での配慮

燃費改善、排出ガス対策、リサイクル設計を推進し、環境に配慮した材料の採用に努めます。

3. 理解・啓発・自覚の継続

三菱自動車の活動と生物多様性の関係についての理解と自覚を、経営層から従業員まで全員で共有します。

4. 社会との協働・連携

サプライチェーンおよび株主、自治体、地域社会、NPO/NGOなどのステークホルダーと連携し、活動を推進します。

5. 情報の発信・公表

三菱自動車の活動内容や成果について、お客様や地域社会への情報発信・公表に努めます。

主な活動

2016年度の取り組み

Plan! 2016年度目標

  • 岡崎製作所での生態系調査の実施

Do! 2016年度実績

2016年2月から11月まで、岡崎地区(岡崎製作所および技術センター)で植物、哺乳類、両生類、爬虫類、鳥類、昆虫類の調査を実施しました。調査を通じて、岡崎地区の緑地を構成する植物を明らかにし、動物が緑地をどう利用しているかを把握しました。特徴的な種としては、環境省「レッドリスト」に登録されているハイタカ、オオタカ、ヤマトアシナガバチが発見されました。また、外来植物の存在など、今後の課題が明らかになりました。
調査結果の詳細はこちら

Check! 2016年度自己評価

計画通り実施しました。

Action! 今後の課題・計画

岡崎地区において、今回の生態系調査で明らかになった課題を踏まえ、緑地の管理や社内啓発などを立案・実行する予定です。また、2017年度より新たに水島地区での生態系調査を開始します。

ハイタカ

ハイタカ
(環境省レッドリスト準絶滅危惧)

オオタカ

オオタカ
(環境省レッドリスト準絶滅危惧)

ヤマトアシナガバチ

ヤマトアシナガバチ
(環境省レッドリスト情報不足)

当社の環境取り組みについてご紹介している
『環境報告書』をPDFにてダウンロードできます。