取り組み方針 / 環境担当役員メッセージ

環境担当役員大道正夫

クルマは、その利便性により社会に大きく貢献していますが、一方で環境に負荷を与える商品でもあります。従って、すべての事業活動を通じて環境への影響を極力少なくすることが、クルマという商品を前提に成り立っている当社に課せられた社会的責任であると考えます。

この責任を果たすため、当社は、CO2排出量の低減に貢献する電動化技術の開発やガソリン・ディーゼルエンジン車の燃費改良などに努めるとともに、開発・生産・サービスなどすべての事業活動において環境の負荷低減に取り組んでまいります。

2009年に公表した「三菱自動車グループ 環境ビジョン2020」でお約束した通り、当社は低炭素社会の実現に向け、電気自動車やプラグインハイブリッド車の電動化技術の向上を軸にお客様へ提供する製品の環境性能を高めるとともに、すべての事業分野で環境対応を強化し、社会へ貢献し続けたいと考えます。

当社の環境取り組みについてご紹介している
『環境報告書』をPDFにてダウンロードできます。