ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 新車

新車



2006年10月24日
三菱自動車、未来形スモール『i(アイ)』の自然吸気(N/A)エンジン搭載モデルを発売



i(アイ) L


i(アイ) 助手席回転シート仕様車
三菱自動車は、未来形スモール『i(アイ)』に、お客様からご要望の多かった自然吸気(N/A)エンジン搭載モデル(2WD/4WD、1,050,000~1,386,000円、消費税込)を新たに設定して、10月24日(火)から全国の系列販売会社より発売する。また、同時に、従来設定のターボエンジン搭載モデルも細部に改良を施し、同様に発売(価格は据え置き)する。
未来形スモール『i(アイ)』は、斬新な「リヤ・ミッドシップレイアウト」を採用するなど、新しい価値を提案する新時代の軽自動車として好評を得ており、本年1月の発売以来、販売台数は3万台を超えている(9月末時点)。
今回発売する自然吸気(N/A)エンジン搭載モデルは、連続可変バルブタイミング機構(MIVEC*1)付きアルミシリンダブロックエンジンを採用することで、低速から力強く滑らかな出力特性を得て、きびきびとした心地よい走りを達成するとともに、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)と平成22年度燃費基準を達成するなど、高性能と高い環境性能を併せて実現。「S」、「L」、「LX」の3グレードを設定し、それぞれお求め易い価格設定とした。
一方、ターボエンジン搭載モデルは、シフトパターンの改良により、従来モデルよりも燃費を改善するとともに、グレード展開を従来の3グレードから2グレード(「M」、「G」)に集約した。
また、全グレードに、新型『eKワゴン』『eKスポーツ』で好評の、最大360Wの高出力アンプを搭載した、6ポジション8スピーカーの「ハイグレードサウンドシステム」を新たにメーカーオプションとして設定し、オーディオ機能を大幅に強化した。
さらに、今回より福祉車両ハーティーランとして、同乗者の介護を目的とした「助手席回転シート仕様車」を設定した。簡単なレバー操作によって助手席が外側に回転することで、同乗者の乗り降りを容易にサポートし、高齢者の方や下肢が不自由な方など、より多くの方に、クルマを使って移動する便利さ・快適さをお届けする。
なお、『i(アイ)』は、(財)日本産業デザイン振興会が主催する2006年度グッドデザイン賞において、「グッドデザイン金賞」を受賞し、さらに、最も優れているデザインに与えられるグッドデザイン大賞候補にノミネートされている。

*1: Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system

  1. 『i(アイ)』自然吸気(N/A)エンジン搭載モデル商品概要

  2. (1) エンジン【0.66L DOHC 12バルブ 3気筒 MIVECエンジン】
    従来のターボエンジン搭載モデルに採用している、アルミシリンダブロックの3B20型エンジンの基本構造はそのまま採用し、自然吸気(N/A)に適した吸気系、排気系に変更。出力特性に対応したオートマチックトランスミッションのトルクコンバーター特性、シフトパターンの最適化などにより、実用性の高いスムーズな加速性能と燃費性能の両立を図った。
    最高出力は38kW(52PS)/7000rpm、最大トルクは57N・m(5.8kg・m)/4000rpmを達成した。
    環境性能は、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)、平成22年度燃費基準を達成した。
     
    (2) エクステリア
    フロント&リヤバンパー下部のブラック樹脂部分をボディと同色化し、安定感があり親しみやすい専用外観とした。
    ボディカラーは、これまで設定されていた9色に、今回新たに穏やかで暖かみのある「ペールベージュソリッド」追加し、全10色の展開とした。
     
    (3) ハイグレードサウンドシステム(6ポジション8スピーカー*2
    6チャンネル別体式パワーアンプによるトータル360WのハイパワーとDSP(Digital Signal Processor)採用による音質チューニング、8スピーカーの採用により、高音から低音まで臨場感あふれる空間を実現した。
    ドアの開放穴を遮音/制振材で塞いで、ドア自体をスピーカーボックス構造化することにより、クリアでハイクオリティなサウンドを実現した。
     
    *2: 6ポジション8スピーカーシステムは、AM/FM付CDプレーヤー+4スピーカー、または三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES)とのセットオプション

  3. 『i(アイ)』福祉車両ハーティーランシリーズ「助手席回転シート仕様車」

  4. 手動で助手席を外方向に約85度回転し、簡単な操作で乗り降りの負担を軽減する専用シートを、全車に装備した。
    また、助手席側ドアの開度は標準車に比べて約8度拡大して乗降を容易にし、助手席アームレスト(右側のみ)やフットレストを標準装備するなど、快適にクルマにお乗り頂ける仕様とした。
     
    助手席回転シート仕様 i(アイ)
    シート突出量*1 約165mm
    シート座面高*2 約650mm
    開口部高*3 約725mm
    シート回転角度 約85度
    シートスライド 無し
     
    *1: サイドシル最外側から
    *2: 地面~シート座面先端部
    *3: シート座面先端部~ルーフ

  5. 販売概要

  6. (1) 販売目標台数(福祉車両ハーティーランシリーズ除く)
    3,500台/月
     
    (2) 取り扱い販売会社
    全国の系列販売会社
     
    (3) メーカー希望小売価格
    (リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれない)
    【単位:円】
    グレード エンジン 変速機 駆動方式 メーカー希望小売価格
    (車両本体、消費税込)
    S 0.66L DOHC
    12バルブ 3気筒
    MIVEC
    4AT 2WD 1,050,000
    4WD 1,176,000
    L 2WD 1,155,000
    4WD 1,281,000
    LX 2WD 1,260,000
    4WD 1,386,000
    M 0.66L DOHC
    12バルブ 3気筒
    MIVEC
    インタークーラーターボ
    4AT 2WD 1,386,000(据え置き)
    4WD 1,512,000(据え置き)
    G 2WD 1,491,000(据え置き)
    4WD 1,617,000(据え置き)
    助手席回転シート 架装費: 115,500円(消費税込み)

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る