ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > モーターショー

モーターショー



2008年6月11日
三菱自動車、パリモーターショーで『ランサースポーツバック』を国際モーターショー初披露

─ 『ランサー』のスポーティグレード『ランサーラリーアート』を出品 ─

三菱自動車は、2008年10月2日(木)から19日(日)[一般公開は4日(土)から]まで、フランス・パリ市のパリエキスポ(Paris Expo - porte de Versailles "Hall 1-8")で開催されるLe Mondial De L' Automobile 2008(通称:パリモーターショー)で、今秋以降、欧州各国で順次発売する『ランサー』のハッチバックモデルである『ランサースポーツバック』を国際モーターショーで初披露する。

また、『ランサー*1』と『ランサースポーツバック』に、ターボエンジンを搭載したスポーティ4WDモデル『ランサーラリーアート』『ランサースポーツバックラリーアート』も同時に出品する。

既に欧州市場で好評の、スポーツセダン『ランサー』、高性能4WDセダン『ランサーエボリューション*2』に、今回、『ランサースポーツバック』および「ラリーアート」類別を追加することにより、「ランサーシリーズ」のラインナップを完成させ、お客様の多様化するニーズに対応する。

*1 『ランサー』: 日本名『ギャランフォルティス』
*2 『ランサーエボリューション』: 日本名『ランサーエボリューションX(テン)』

今回発表する『ランサースポーツバック』は、三菱自動車のデザインアイデンティティである、台形グリルと逆スラントノーズを組み合わせた特徴的なフロントマスクのグリルの周囲に大型メッキリングを配してプレミアム感を付加した、スタイリッシュなフォルムをもつ、欧州でニーズの高い5ドアスポーツハッチバックである。エンジンは1.5L(109ps)と1.8L(143ps)のガソリンエンジンと2Lターボ(140ps)のディーゼルエンジンをラインナップする。また、荷室の床面高さを2段階で設定可能な構造とすることで、荷室の使い勝手を高めたほか、後席のシートバックを荷室にあるレバーを操作することで簡単に前倒する事ができるなど使い易さにも配慮した。なお、2009年春より三菱自動車の新開発クリーンディーゼルエンジン搭載車をランナップする計画である。

また、『ランサーラリーアート』『ランサースポーツバックラリーアート』は、新開発の2L MIVEC*3 4気筒 DOHC インタークーラーターボ付きエンジン[最高出力177kW(240PS)、最大トルク343Nm(35kgm)]と高効率トランスミッションTwin Clutch SSTを搭載、さらに、駆動系には、走行状況に応じて前後輪へ伝達される駆動力を最適に配分し、操舵応答性とトラクション性能を高次元で両立させるACD(Active Center Differential)付き4WDシステムを採用した。また、フロントブレーキに2ポットキャリパーを採用したほか、マスターシリンダーの大型化、エアロダイナミクスを追求したうえで、プレミアム感を付加したバンパーデザインを新たに採用する等、ベースとなる『ランサー』に比べ "走り" の基本性能を大幅に高めた。
 
*3 MIVEC:  連続可変バルブタイミング機構
Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system

『ランサーラリーアート』(欧州仕様)

『ランサースポーツバック』(欧州仕様)

『ランサースポーツバックラリーアート』
(欧州仕様)

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る