ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 企業

企業



2006年10月30日
 
三菱自動車、ワンボックスタイプの新型ミニバンの車名を『デリカD:5(ディーファイブ)』に決定

デリカD:5(エクステリアモデル)
デリカD:5(エクステリアモデル)

 
三菱自動車は、来年々初に国内投入を計画しているワンボックスタイプの新型ミニバンの車名を、『デリカD:5(ディーファイブ)』とすることに決定した。

当社は2006年度、国内市場に3つの新型車を投入する計画である。その第1弾として本年9月に新型『eKワゴン』『eKスポーツ』を、第2弾として同10月に新型『パジェロ』を発売し、お客様から好評を得ており、『デリカD:5(ディーファイブ)』が第3弾目となる。

新型ミニバンの車名『デリカD:5(ディーファイブ)』の"D:5(ディーファイブ)"とは、1968年に初代を発売したワンボックス車の先駆けである『デリカ』の5代目を意味する。

『デリカD:5(ディーファイブ)』は、"「ミニバンの優しさ」と「SUVの力強さ」の融合"を開発のテーマとし、
   (1) 8人がゆったり乗れる広い室内空間と多彩なユーティリティ
(2) 堅牢なボディ構造と、充実した安全装備、優れた環境保護性能
(3) 2.4L MIVECエンジン+電子制御4WDによるオンロード、オフロードを問わないオールラウンドでの高い走行性能
を主な商品特長として開発を進めている。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る